コスト全般

化学研究関連の業界では常にコスト削減が大きな課題となっており、常時稼働する必要のある機材を購入する際には各種運営コストが重要な判断材料となります。そこで当社は信頼性、修理・メンテナンス費、そして全体的な製品の寿命といった点において最大限ニーズに応えられるような製品を開発しています。

素早く簡単なメンテナンス

基本的には、ラボで使用される機材は定期的なメンテナンスが法令により求められており、必要な点検作業を素早く効率的に行えるかどうかが重要となってきます。

リープヘルの製品は点検管理対象となる各箇所やディスプレイは簡単に取り扱いができるような造りになっています。

修理の必要を最小限に

リープヘルの製品は特に耐久性に優れており、パーツの摩耗などはほぼゼロに近い形で稼働します。修理期間を最小限に抑えるため最高品質かつ高寿命のパーツのみを使用しており、例えばコンプレッサーやコンデンサは長期間に渡って効率よく稼働する他、ファンやリレー部分の摩耗はほぼありません。加えて10年間のスペアパーツ保証も提供しています。

電力消費も低く抑える

リープヘルのラボ用製品は特に省エネ効果に優れています。R 290 and R 600aシリーズは、毎日の使用の中で保冷効果が高く環境にも優しい特徴を生かして電力消費量も最小にとどめます。また必要に応じて自動作動する高温ガスによる霜取りシステムも省エネ効果が高く、霜取りにかかる時間も一般の霜取りシステムに比べ短くなっています。加えて高温ガスによる霜取りは冷蔵室内の温度には全く影響を与えないという点も大きな利点です。

幅広い管理ネットワーク

リープヘルのラボ用製品は既存の管理インフラに簡単に接続することができ、常にモニター監視をしながら各種調整やデータ管理、またドキュメント化も効率よく行うことができます。